骨盤矯正ナビ TOP ⇒ 骨盤矯正の基礎知識 骨盤のしくみ

骨盤のしくみ

骨盤は体の中心に位置していて、仙骨・腸骨・恥骨・坐骨からなります。股関節とも連結しており、上半身と下半身を支えている身体の土台にもなっているのです。骨盤は日常生活の中で大変重要な役割を果たしていて、身体のバランスを取ったり、歩行したりするのにも、骨盤の働きは深く関係しているのです。

まず骨盤を形成する骨の一つ、仙骨は五つの仙椎が癒合して出来ているものです。骨盤の中央に存在する骨で、尾骨の上部にあり、背骨を支えています。尾骨は三個から六個の尾椎が一部、もしくは全て癒合して出来るもので、人によって出来る数は違います。

腸骨は骨盤の中で最も大きな骨です。この腸骨と、更に坐骨・恥骨が一つになると、寛骨という骨が出来上がります。腸骨・恥骨・坐骨が一体化して寛骨になるのは、大体十七歳に差し掛かる頃であると言われています。

腸骨・坐骨・恥骨が結合している部分は、大腿骨とを繋ぐ、いわゆる関節部分になっています。この部分が損傷してしまうと、足腰を動かす時に痛みが生じるようになったり、もしくは自由に足を動かすこともままならなくなります。骨盤の中で最も大きい骨であるだけに、ここが損傷すると骨盤全体に悪影響が出ることもあります。

尾骨を介して背骨を支えている仙骨、骨盤の中で最も大きな腸骨(寛骨)。どちらも人体にとって無くてはならないもので、仮にどちらかが欠けてしまうと、身体を動かすことは出来なくなってしまうでしょう。

骨盤矯正の基礎知識