骨盤矯正ナビ TOP ⇒ 骨盤矯正の基礎知識 骨盤矯正と肥満

骨盤矯正と肥満

背骨・股関節・肋骨などという骨は、骨盤が歪んでしまうことにより悪影響が出ることもあります。また背骨股関節・肋骨などを取り巻く筋肉にも、同様に悪影響を与えてしまうこともあるのです。骨盤が歪んでしまうと筋肉も疲れやすくなるので、本来なら順調に消費されるはずのエネルギーも、うまく消費されにくくなります。その結果、太りやすい身体になり、肥満になる恐れさえもあるのです。

骨盤が歪んでいると、カロリー控えめの食事をしていたり、エクササイズなどによって脂肪を燃焼しようとしたりしても、上手くダイエットできない場合が多いです。また一時的に痩せてもすぐ太ってしまうという場合、骨盤が歪んでしまっている可能性が考えられます。骨盤矯正によって骨盤の歪みを矯正し、元の新陳代謝能力を取り戻すようにしましょう。

骨盤が歪むことによって、身体中の骨を取り巻く様々な筋肉に、悪影響を及ぼしてしまいます。正常な状態であれば消費されるはずのエネルギーが消費できないため、肥満に繋がってしまうこともあるのです。骨盤が歪んでいる限りは、たとえ一時的に痩せることが出来たとしても、またすぐ太ってしまうケースが大半でしょう。

骨盤を矯正することで、肥満解消になることもあるのです。どんなにダイエットしても効果がないという方は、もしかしたら骨盤が歪んでいることで、エネルギーを消費しにくくなっているのかもしれません。骨盤矯正によって骨盤の歪みを治し、改めてダイエットに励んでみましょう。

骨盤矯正の基礎知識


イモバックス 添付文書
イモバックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!