骨盤矯正ナビ TOP ⇒ 骨盤矯正の基礎知識 骨盤矯正と運動不足

骨盤矯正と運動不足

骨盤には三つの骨があり、それが仙腸関節というところでつながっています。現代人は運動不足の方が多く、歩くことやしゃがんだりすることが少なくなっています。そのため、仙腸関節があまり動かず、その周りの筋肉が硬直してしまって最後には癒着してしまいます。こうなってしまうと骨盤が歪んでしまい、仙腸関節の周りにある筋肉が硬直していることによって脂肪が燃焼されにくくなり、下半身太りが起きてしまう原因となるのです。

現代においてはデスクワークが浸透しているため、社会人の運動不足は深刻化しつつあります。趣味がスポーツである人は、運動不足が原因で骨盤の歪みが起こることは少ないほうですが、それでも普段のデスクワークで同じ体勢を長時間も続けている場合は、骨盤が歪んでしまうこともあります。

立ったりしゃがんだり、例えばスクワットなどをすることは、仙腸関節の周りにある筋肉を鍛えるのには良いです。しかしながらあまりにも無理をさせすぎると、今度はぎっくり腰などの原因にもなってしまいますので、ほどほどにしておくよう注意しましょう。また、日々の暮らしの中で散歩の時間などを取り入れるのも効果的です。この時、競歩のように早歩きするのではなく、ゆっくりと時間をかけて歩くのが良いでしょう。

運動不足によって骨盤が歪むからといって、急に激しい運動をする必要はありません。少しずつ身体を慣らすようにして、ゆっくりと時間をかけて運動するのが効果的です。

骨盤矯正の基礎知識


アンカロン 副作用
アンカロンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

酒田市 不動産
http://www.yamaichi4320.com/