骨盤矯正ナビ TOP ⇒ 骨盤矯正の方法 ストレッチ

ストレッチ

骨盤矯正ストレッチでは「腸腰筋」と呼ばれる筋肉を鍛えることが骨盤矯正には効果があるといわれています。骨盤を支えている腸腰筋を中心に鍛えることで、単に下半身を鍛えるよりも効果が出るのです。骨盤の一部である骨を鍛えるストレッチから、骨盤全体の歪みを矯正するストレッチまで、種類は様々です。

やりやすいストレッチの方法として、まず立ったまま前屈することから始めてみましょう。太ももの裏側の筋肉がピンと張るまで前屈していると、どちらかの足がより痛むことになるかもしれません。片側の足だけ痛みが激しいようですと、骨盤が歪んでいる可能性があります。痛むほうの足を後ろに持っていき、再び前屈をしてみましょう。これを一日のうちに何度かやるだけで、骨盤の歪みは徐々に矯正されていきます。

ストレッチを行う際は、身体が硬いと痛みを伴うかもしれません。それに関しては人それぞれですし、身体が硬いからといって、骨盤矯正ストレッチの効果が弱まるというわけでもないです。ただ、身体が思うように曲がらないからといって、無理をして限界以上に曲げるのだけは止めておきましょう。関節が損傷してしまう恐れもありますし、脱臼などに繋がる原因にもなりえます。

どの骨盤矯正の方法でも言えることですが、最も効果的なのは毎日続けることのできる持続性です。一回や二回のストレッチで骨盤の歪みが治るというわけではありませんので、根気良く続けていきましょう。

骨盤矯正の方法


省エネ 山形
こちらで

貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!