骨盤矯正ナビ TOP ⇒ 骨盤の歪みと病気 便秘

便秘

骨盤が歪み、内臓が下側へ落ちていくと、腸の動きに制限がかかってしまい消化速度も遅くなってしまいます。姿勢が悪くなる原因でもありますが、一番厄介なのは便秘がちになってしまうということでしょう。便秘になってしまうことによって、他にも様々な病気が併発してしまいます。骨盤が歪んだままだと内臓の位置も安定しませんので、便秘も解消しにくくなります。大元の原因である骨盤の歪みを矯正しましょう。

便秘の状態が長く続くと、身体に不要な老廃物も溜まり続けることになり、様々な疾患を引き起こしていくことになります。誰にとっても嫌な肥満のみならず、便が滞ることによって大きなストレスにも繋がりますし、心身ともに良いことは一つもありません。また骨盤の歪みだけでなく、ストレスも便秘に拍車をかける要因となることはありますし、これによって悪循環も起きてしまうのです。

骨盤の歪みを治したからといって、それだけでは便秘が治まらないかもしれません。便秘の解消には、適度な食物繊維を摂取することも重要です。骨盤の歪みを矯正し、適度な食物繊維を取ることによって、便秘を解消できるようにしましょう。

女性が便秘を起こしてしまいやすい理由として、生理周期などの要因で骨盤の稼動する機会が多いため、骨盤が歪みやすいということも挙げられます。しかしながら骨盤の歪みを矯正することで、同時に便秘の解消にも繋がることがありますので、根気良く骨盤を矯正していきましょう。

骨盤の歪みと病気


プラビックス 添付文書
プラビックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!